古平町

掲載日:2017.05.09

古平町は、積丹半島の東側中央部、積丹町と余市町に隣接した位置にある、山と海に囲まれた自然豊かな街です。
江戸時代からニシン漁で栄えた地であり、その後も漁業を礎として発展してきた歴史をもっています。
車利用での所要時間は、小樽市からは1時間弱、札幌市からは約1時間30分とアクセスも良いので是非観光にお越しください。

» 公式HP

古平町全景

古平町全景

セタカムイ岩

漁協祭

期間 6月・7月・9月(予定)
場所 北海道古平郡古平町港町437−2
東しゃこたん漁業協同組合 直売所前
お問い合わせ先 古平町役場 産業課 商工観光係 0135-42-2181
東しゃこたん漁業協同組合 0135-42-2518
漁協祭は東しゃこたん漁業協同組合が主催する、新鮮な海の幸を楽しめる人気のイベントで、毎年近隣の町から多くの観光客が訪れます。
6・7月はウニ、9月はサケが特に人気です。
イベント会場ではご当地キャラのふるっぴ~にも会えます。

漁協祭の様子

ふるっぴ~

天狗の火渡り 神社祭り

期間 琴平神社/毎年7月2土曜日とその翌日
恵比寿神社/毎年9月第2日曜日とその前日
場所 琴平神社・恵比寿神社
お問い合わせ先 古平町役場 産業課 商工観光係 0135-42-2181
火朱色装束と天狗の面をかぶった「さるたひこ」の先導で町内を歩いてご神体を清める儀式です。火渡りでは、大きな太鼓の音と軽快な笛の音が響き渡り、約3メートルほどの火柱を火の粉を蹴散らしながら進みます。獅子舞や奴行列、みこしも次々と火渡りをする迫力のあるイベントです。

天狗

天狗の火渡り